トムソーヤの詩
湯姆索亞之詩.

冷たい夜の真中に 一人立たされて
はじめて人の優しさが ふっと身にしみる
人を愛する苦しみと愛される喜び
照れ屋な君はいつだって冷めたふりをする

優しくされたくて おなかが苦しくて
今にもつぶれそうさ Oh no

だけど明日こそはきっときっと 今よりずっと楽になる
だから今はほんの少し足を踏ん張って立っていよう

身動きも出来ないままで僕は歌い出す
一人ぼっちでおびえてる そんな君達へ
いつも笑顔を絶やさないトムソーヤみたいに
いつまでも ああ いつまでも夢を忘れずに

嫌なことばかりで おなかが痛くなる
今にもつぶれそうさ Oh no

だけど明日こそはきっときっと 今よりずっと楽になる
だから今はほんの少し足を踏ん張って立っていよう

明日こそはきっときっと 今よりずっと楽になる
だから今はほんの少し足を踏ん張って立っていよう

明日こそはきっときっと 今よりずっと楽になる
だから今はほんの少し足を踏ん張って立っていよう

明日こそはきっときっと 今よりずっと楽になる
だから今はほんの少し足を踏ん張って立っていよう


詞/曲:桜井和寿
收錄:
そよ風の唄 #1.
映像收錄:
none

曾演出:
TOUR EVERYTHING92 日清パワーステーショウ