朱い朱い海に くらげのように とろけてゆく太陽
君がすぐに どこかに 行かないように 手を握ろう
もうすこし 動かないで 胸の鼓動 静まるまで

まだ幼い闇のむこうに 星たちが浮かびあがり
君は群青に 吸い込まれるように 消えてゆくの
わかるよ これ以上は もういっしょにいては いけないと

嵐の夜の 波のように 見えない何かに おびえて
道の前で 迷い 立ちどまっている
なくすものに はじめて気づいているから

すがりたい人も 待つ人も全部 なくしてしまいたい
本当に ひとりきりになって さまよってみたい
そんな 勇気のない 自分を笑って また 嫌になるよ

寄せてはかえす 波のように いつでもゆらゆら揺れている
安らぎも不安も 消えることはない
他人を 見つめて みんな 生きているから

僕が おぼれてるのは よけいなものの海なんだろうか...

まばたきほどの時に沈む 人を幸せにできる鍵があるという

なにもかも 愛してみたい 大きくこの腕を広げて
本当は 君を まるごと 包んでみたいよ
そして無限の海を 潜ってゆきたい
もっと奥へ...

在赤紅朱色的海洋上  溶化的太陽像游動的水母
不讓想要馬上離去的妳遠走 而緊握著妳的手
再等一會 別動 直到我胸中的鼓動 平靜下來

在還未全暗的那天邊 群星們漸漸浮現上來
像要被吸入進去深青藍的妳 消失而去
我明白了 我們再也無法繼續在一起

有如暴風雨夜晚的波浪 見不到任何事物而恐懼
在道路的前方 迷失了方向 停滯不前
初次體悟到 自己失去了什麼

將所有想依賴的人 等待的人 全都捨棄掉
我是真的 只想一個人 好好獨自去流浪
可是沒有這樣的勇氣 嘲笑著自己更厭惡這樣的我

打上岸來又退回去的波浪 任何時候都在擺盪搖晃著
感到安穩也好不安心也罷 從來都不曾消失過的
凝視著他人 每個人都是如此這般的生存

我啊 是不是沉溺迷惘於此 這多餘的海洋裡....

當沉沒此時於瞬間中 聽說得到那鑰匙可以變成幸福之人

想要付出對每一件事的愛 大大地將雙臂伸展開來
說真的 只是想把妳整個人 包覆在我的懷中
然後一同潛入 這無止盡的大海中
更深處去.....


詞.曲:稲葉浩志 ✧ 原唱:稲葉浩志 | 中譯:南瓜頭
收錄:
マグマ #4. (1997.01.29)
映像收錄:
none